サクラ咲くブログ

ぱあっと明るい未来がついた!

頑張れば岡山で婚活できるかも

No Comments »

4月 16th, 2014 Posted 5:31 PM

正しいんですよ。
しかし友人は精神的につかれて、軽いうつみたいになってしまいました。
たぶん体調も完全にもどっているわけではなかったんでしょう。
「結婚なんてしなくていいよ。
また仕事を探すわ」。

岡山の婚活に関する口コミや情報は、岡山で婚活!婚活パーティ、お見合いパーティ、街コンは危険!!にたくさん載っています。
こういった友人が、最後に出会ったひととなぜかあっさり結婚しました。
きいた時にはびっくりしましたね。
だって会いに行く前も、1回目のデートの時も全然乗り気じゃなさそうだったのに。
どうもそのやる気の無さが、かえって自然に彼女のよさを引き出したみたいなんです。
相手の方は年収的にはあまり恵まれていなかったんですが、性格がよさそうな人で、年齢的にも釣り合っていました。
「がんばるんだっていう気持ちがなくなったのが、かえってよかったみたいね」と彼女も言っていました。
しかしよく考えると、もし彼女の望むタイミングで婚活を本当にやめてしまっていたら、最後の紹介者と会えていなかったんですね。
だから結果的に言えば、お母さんや相談所の人が言うとおり婚活が嫌になったといってすぐにやめずに踏みとどまったのがよかったんだと思うんです。
月に1人でも2人でも会ってみたらというアドバイスが的確だったんですね。

Posted in 未分類

良い婚活を熊本で

No Comments »

4月 5th, 2014 Posted 1:06 PM

その時は相当落ち込んでいましたね。
冷静に考えれば、32歳と39歳って全然違うでしょう。
相手の男性がその時どんなつもりでいったのかわかりませんが、とにかく若い女性がいい人だったんでしょうね。
Qちゃんにいわせれば、30代女性が婚活していたらこれくらいのことを言われるなんて日常茶飯事なんだそうです。
すごいな、婚活市場って戦場だなと思いましたね。
ともかくめげずに、Qちゃんは婚活を続けました。
ワンピースを新しくしてみたり、セミナーに参加してみたりとできることは全部やったと思います。
なのに、相手が決まらない。
Qちゃんもう、ストレスでハゲができそうでした。

熊本の人気婚活情報サイトは熊本で婚活!合コン、出会い・お見合い・カップリングパーティですね。
あるとき「オタク系イベントってどう思う?」とQちゃんにきかれました。
なんでもオタクの人ばかりが集まるパーティみたいなのがあって、そこにいってみようというわけです。
Qちゃんにはオタク要素は全くないので、成功するかどうか怪しいなと思っていました。
そうしたら、ばっちりイケたんです。
その時のテーマが「鉄」だったそうで、電車好きが集まっていたとか。
なにしろQちゃんは、これまで電車に興味なんてもったことがない人です。

Posted in 未分類

沖縄で婚活って憧れる

No Comments »

3月 21st, 2014 Posted 1:45 PM

ほとんどのゴミがペットボトルです。
まあ、ゴミだらけは玄関だけじゃないですけどね☆片付けていると、玄関なのに玄関にあるべきではないものがじゃんじゃんでてきて驚きです。
メイク道具とか、ピアスとか、なぜかカイロとか。
なぜここにあるんだろうと不思議がってみても、自分でもわからないのでどうしようもありません。
とはいえ、玄関にあるべきではないものたちを救出したら、あとはほとんどゴミだったので、これらをゴミの日に捨ててしまえたら、結構すっきりすると思います。
はあ、ひさしぶりに床が見えてきた☆この調子で、ちょっとずつ、パート分けして片付けていきたいと思います。

沖縄 婚活を読んでいたらますます沖縄で婚活したくなってきます。
婚活で出会った男性をいつ自分の部屋に呼べるようになるのかわかりませんが、玄関の床が見えてきたのを見てちょっと安心しました。
こんな片付けられない女兼汚部屋の住人である私ですが、ぱっと見はそんな風には見えないらしいです。
いちおう、いまどきの洋服を着てメイクもばっちり、ヘアスタイルもばっちり決めていますからね。
メイク道具はメイクボックスにしまっているので、汚部屋のなかでもメイクボックス周辺のスペースは死守しています。

Posted in 未分類

自治体婚活って愛知にもある?

No Comments »

3月 3rd, 2014 Posted 6:06 PM

でも、「そんな暮らしをどう思うか?」など、意見を訊かれたことはありません。
私がいくら「いいねー、そういうの。
」と、賛同したところで、彼としては、ただの世間話として、彼女は僕の将来の暮らしのビジョンを羨ましいと感じたのだろうという程度にしか、解釈していないのかも知れません。
一度、彼に結婚について興味があるのかないのかを尋ねたことがありました。
すると彼は、奥さんが養ってくれるなら結婚してもいいと言うのです。
冗談のつもりかも知れませんが、「じゃぁ私が養ってあげようか?」と、ふざけたフリをして返してみれば、「だったら、養ってくれ」とニコニコしながら答えました。
夫婦二人一緒に暮らし、どちらが働き、どちらが家事をするかは別として、彼があの時私に「養ってくれ」と言った以上、彼は私と人生をともにすること自体は、嫌ではないのだろうと、考えてもよいのか、悪いのか・・・。

自治体婚活@愛知というサイトで、愛知でできる自治体婚活がまとめられていますよ。
彼の言った冗談を勝手に自分ひとりで掘り下げて、あれこれ想像で考えるなんて、自分自身、ばかげていることだとは思います。
そんな私の事情を知っている家族は、「先の見えない相手に今の貴重な時間を費やして、ズルズル相手に引きずりまわされるのは終わりにしなさい」と言います。

Posted in 未分類

東京の婚活バーで出会った彼

No Comments »

2月 20th, 2014 Posted 11:14 AM

自分より女子力の高い男性をどう扱っていいのか、私にはそんなスキルがありません。
休日は、ほとんど外に出ず、ジャージ姿で一日じゅう寝て過ごしている私。
チーたらやサラミをあてにして日本酒を飲む夜の晩酌をこよなく楽しみにしている私。
絶対彼と合いそうにない。
だって、きっと休日彼はカフェめぐりをしてるのでは?雑貨屋さんにたちよってかわいいものを探しているのでは?夜はきっと、半身浴して風呂上りにミントのはっぱをうかべた炭酸水を飲んでいるのでは?彼と私が住む世界が違いすぎる。
というか、女として、負けすぎている…。
以前からわたしも婚活は続けていたのですが30代に突入してから、なかなか相手が決まらないことに焦りが出てきてその活動の機会がますます増えてきました。
最初の頃は誘われたらなんとなく、飲み会のような感じで気楽に集まるものと思って参加してきましたが、それでは出会いからなかなかお付き合いまでに至らないということに気付き始めて、婚活の行動範囲を広げるとうにしています。
またその回数も以前の月1回ほどのペースから週1回へと増やしました。

Posted in 未分類

両親から受け継いだ資産を売却

No Comments »

2月 17th, 2014 Posted 9:27 PM

不動産取引のような大きな出来事は、プロに任せるべきという他者依存、受け身の姿勢と当事者意識の欠落がこのような結果をもたらしたのだと思います。

後で考えたこととしては、要求された立ち退き料に対して客観的な指標から適正な額を算出して、こちらから提示するなど、成功するかどうかは別として、何らかの交渉はできたと思います。マンション売る前にチェック!売りたい価格で売却!査定のコツというサイトはマンションの事なら何でも情報を集めていて、かなり役立つサイトの一つだと思います。

具体的には、このままテナントがこのビルで事業を継続した場合、2軒ともそれなりに高齢のほぼ個人事業の経営者で、跡継ぎがいたわけでもない(いてもその意思があったとは思えなかった)ため、年齢と平均寿命から逆算して現役で働ける年数と事業で得られる年収をかけるなど、何らかの根拠のある額を算出して提示すればよかったです。

また、売却についても、純粋な売却だけではなく、開発後に建てられるビル(マンション)の権利との等価交換なども選択肢になり得たと思いますし、売却額についても今後100年に渡ってデベロッパーがここから得られる利益を自分なりにシミュレーションして、それに応じた価格設定を提示できれば、結果はどうあれ満足できたと思います。

しかし、上述のプロセスでは自分の意思は全く入ることなく、他人の決めた金額、条件で両親から受け継いだ資産を売却してしまい、今でも負い目と感じています。

Posted in 未分類

仙台でアツイ婚活イベントがきた

No Comments »

2月 14th, 2014 Posted 3:21 PM

わざと儲けを出すテクニックもありますね。
無駄に診察代を出させたり、無駄な検査をさせたりです。
日頃から病院というのはお金が掛かる場所だなあと思っていましたが、医者の利益の恩恵を受ける立場になると中々悪い気にはなりません。
私が婚活にて知り合った医者というのは、実は結構な高齢者なのです。
私は結婚をするならば超イケメンで、超セレブで超お洒落の旦那さん、なんて夢を見ていた時期もありますが、まあ、現実はこんなものです。
美形じゃないと夜一緒に寝たくない、朝食を作ってあげたくない、と思っていましたが結婚予定相手の男性と交際を始めてみると、その男性の良い部分も見えてきて同居をするのも悪くはないと思い始めました。
その男性は二回目の結婚となるそうです。
男性は医者だというのに、息子さんがいるせいで今まで再婚に至ることができなかったそうです。
医者、というのは美形ではなくとももてますが、その男性は医者ながらにして、高齢ではありますが決して顔に不具合があるといった感じではなく、若かったらかっこいいかも、と思えました。

Posted in 未分類

福井の婚活で有名な人

No Comments »

2月 11th, 2014 Posted 7:03 PM

他の人がそう言ったなら、僕はイライラしながらカーナビとにらめっこしつつ、その人に反論することでしょう。
でも、何故か彼女にそう言われると、突拍子もない言葉に可笑しさがこみ上げて、思わず一緒になって笑ってしまうのです。
人が苦手で殆ど他人とはコミュニケーションを取らなかった自分は、彼女と出会うまで、心の底から笑うような笑い方すら忘れていました。
というより、もう声の出し方すら、忘れてしまいそうなぐらいだった僕が、助手席に女性を乗せて、道に迷っても、渋滞にハマっても、二人で大笑いしながらやり過ごしているなんて、奇跡だと思います。
彼女と一緒にいると、こういうのをデートっていうんだなーと思うのです。
これまで婚活で他の女性と外で会ったことが何度かありましたが、今思えば、あれはデートではなかったと思います。
「だいじょぶ、だいじょぶ。

酒を飲みながら、大して興味もない相手の趣味に熱心に耳を傾けるフリをして、全然面白くもないのに作り笑顔をして、ただ「うん、うん」と頷くだけの作業は、僕にとっては苦痛以外の何モノでもありませんでした。

Posted in 未分類

岡山で婚活していたいけど

No Comments »

2月 10th, 2014 Posted 4:47 PM

つまり自分の価値を良く知らなかったのです。
婚活において、価値があるのは女性の場合は「年齢が若い」これに勝るものは無いのでは、と認めるのには数年かかりました。
実はつい最近まで、出会いが無いとばかり考えていて自分の年齢のことをネックだと思っていなかったのです。
実は男性が望む相手では無かったのです、私が。
多くの婚活男性が若い女性を希望するというのは、女性の多くが年収の高い男性、大手企業や安定した職業の男性との結婚を夢みるのと同じようです。
女性の皆は、自分に希望はあっても相手には希望なんて無いと思っていないでしょうか? 私はそういうところが少なからずありました。
まず年齢ありきと知ったのは、男性の書いた婚活の本を読んだからです。
数々の婚活パーティなどに参加した筆者が、若い女性ばかりに男性が群がる様子を見たと書かれていました。
確かにそういう場面は私も実際に眼にしていますが、それはたまたまだと感じていたのです。
私のようなアラフォー女性は、ちょっとデートするにも気取ったレストランやカフェを望むけど、20代の女性は全くそんなこだわりが無く、ファミレスで良いという人がとても多いとか。

Posted in 未分類

今日こそ大分の婚活で

No Comments »

2月 7th, 2014 Posted 10:29 PM

自分で婚活していてもそう感じます。
話しは最初に戻りますが、婚活のために転職する人は案外と多いのだそうです。
彼女が働き始めた会社には同じような感じで契約社員として入っている女性もいて、やっぱり既婚者ばかりの環境にいても結婚出来そうに無いから転職をしたと言います。
それくらいまでして、結婚をしたいと思う人がいる中で、いつかできるだろうではやっぱり婚活は上手く行かないのだと思います。
大学生のときにも同じような経験があったことを思い出しました。

今日行く大分の婚活イベントは、大分で婚活!パーティー、イベント、合コン、お見合いはNG!?で見つけました。
彼氏が欲しいから男性が沢山いそうな、ピザ屋さんや、居酒屋さんでアルバイトをするという友達が沢山いました。
彼女達はその当時に見つけた彼と付き合った結果最終的に結婚した、という人も多く、婚活ってわざわざやるものでもないし、年齢じゃないんだなと思います。
早いうちにそういった賢い人たちが男性と出会い、結婚していく中で、適齢期になったから、さぁ今から婚活をはじめようなんて思ったって、やっぱり遅いですし、いい人は結婚してしまっているんですよね。
賢い人は10代のうちに将来の相手を見つけていたというのに・・・。

Posted in 未分類